日記 (5) - 新鮮なニュースをお届け ホットニュースステーション

佐藤浩市、大泉洋らが来年のJRAナビゲーターに決定



 来年のJRA(日本中央競馬会)年間キャンペーンのナビゲーターが俳優、佐藤浩市(46)、大泉洋(34)、小池徹平(21)、蒼井優(22)に決まり、30日、東京・六本木のグランドハイアット東京で発表された。CM出演などの活動を行うる佐藤は、20年以上の競馬ファンであることを明かし、3カ条の「競馬心得」を説いた。



 まさにハマリ役だ。所属事務所の社長の影響で20代半ばに馬券を購入して以来、競馬にハマっているという佐藤が、JRAのキャンペーンを担うナビゲーターとして登場。普段のクールな表情から一変、意外な素顔を見せた。

 「競馬が好きっていうより、JRAに対する“お布施の会”会員といったほうが正しいかな。先週のジャパンカップ? ダメでしたね」

 北海道のばんえい競馬を舞台にした昨年公開の映画「雪に願うこと」で調教師役を好演したが、実は“馬券師”としても20年を超えるキャリアを持つ。豊富な経験を生かし、共演の大泉洋、小池徹平、蒼井優に『競馬心得』3カ条を伝授した。

 【(1)開催していない競馬場へいけ】ときおり競馬場にも足を運ぶ佐藤だが、「中山開催のときは(開催していない)東京競馬場に行く。何百人かのお客さんとターフビジョンを見るのが、おつな楽しみ方だと思う」。その瞬間、JRA職員から万雷の拍手。もちろん、開催していない競馬場でも馬券は発売している。

 【(2)競馬場ではグルメも楽しめ】競馬場にはフードコートが併設されており、定番の煮込みなど食べ物が充実。佐藤は「競馬場の売店は食べ物がおいしいんです」とPRした。

 【(3)競馬は一人で楽しめ】初心者の小池が「(競馬場は)人がたくさんいて、紙が舞っているイメージですね」と話すと、すかさず「それはイメージ的にひと昔前ですね」と突っ込み。返す刀で「一人静かに心の中で楽しむ」と説き、小池を「頼もしい先輩方に教えていただければ…」とたじろがせた。 

 23日から始まるキャンペーンは「CLUB KEIBA」をキーワードに、ライブ観戦の楽しみを伝えていく。これから撮影するCMで、佐藤の役回りは初心者に対するエキスパート。JRA史上最多となる4人のナビゲーターの先頭で、手綱を握り、ムチを打つ。

引用:サンケイスポーツ

松たか子結婚予定はなし…所属事務所が来春ゴールイン否定



 女優、松たか子(30)が交際中のギタリストで音楽プロデュサー、佐橋佳幸(46)と来春にも結婚と一部で報じられた件で、松の所属事務所は30日、「いい交際は続いていますが、予定はありません」と来春ゴールインを否定した。

 報道では松は来年4月上演の舞台まで仕事を入れておらず、それまでにゴールインするとみられるとしているが、事務所によると、未発表のものも含めスケジュールは詰まっているといい、現在はアルバム制作とドラマの収録に入っていると説明した。

 2人の出会いは平成13年。松のシングル「花のように」の編曲を佐橋が担当、同年の全国ツアーのバンドマスターも佐橋が務めた。16年に交際が発覚、事務所は「温かく見守っていただけたら」と交際を認めていた。

引用:サンケイスポーツ

おねぇキャラ支持される「こんだけ〜」のワケ



 男よりも女よりも強烈な「おねぇキャラ」を武器に活躍する人気タレント、文化人のランキングをオリコンが発表した。

 圧倒的な票を集めて1位に選出されたのは「美のカリスマ」と称されるヘアメークアップアーティスト、IKKO(45)。新宿2丁目のゲイバーのママが発祥で、IKKOが広めた「どんだけ〜」は今年の新語・流行語大賞にノミネートされているほどの人気ぶりだ。キャラとしての面白さに加え、ビジュアル面でも支持されたが、「おねぇキャラだけで売っているのでなく、メークアップなど専門的な技術でも成功して、尊敬してしまう」(広島県・女子学生)といった声が寄せられ、仕事への誠実な姿勢や高い技術でも高評価につながった。

 2位は親しみやすさがポイントとなってダンサー・振付師のKABA.ちゃん(38)が選ばれた。「普段は仕草がかわいいのに、ダンスのときはかっこいい」(東京都・30代女性)。3位はタレントで、漫画家としても活動中の山咲トオル(38)。こちらも、「絵も上手でトークも楽しい」(東京都・40代男性)などの意見で上位に食い込んだ。

 いずれも、単なるおねぇキャラだけではなく、“イチゲイ”に秀でた人物ばかり。

 ひと昔前は、テレビでもひっそり脇役に回っていた「おねぇキャラ」タレントだが、現在は日本テレビ系で放送中の「超未来型カリスマSHOW おネエ★MANS!」(火曜午後7時)といったバラエティー番組の中心や、情報番組のコメンテーターとしてひっぱりだこ。レギュラーのイスをめぐる競争も激化している。

引用:夕刊フジ

産休明け女優復帰の道が険しくなってきた矢田亜希子



“ママ”になった矢田亜希子(28)は最後のチャンスを生かせるだろうか。



 矢田は今月19日に男児を出産。しばらくは育児に専念するが、いずれ芸能活動を再開するつもりだという。



 昨年11月に押尾学(29)と結婚した矢田には逆風が吹き荒れていた。押尾は芸能界でも指折りの遊び人として知られていたため、周囲は交際に大反対。それでも、矢田は後先考えずに結婚まで突き進んだ。

続きを読む

「デートの時に飲みたいお酒」ランキング、やっぱり1位はこれ



 クチコミポータルサイト「SHOOTI(シューティ)」では、「SHOOTIクチコミランキング」で、ネット上のクチコミをもとに「デートの時に飲みたいお酒」のランキングを発表した。

 1位は「カクテル」。日本バーテンダー協会が2006年に発表した調査によると、女性に人気のカクテルの上位は「スプモー二」「ソルティ・ドッグ」「モスコミュール」となっている。2位は「ビール」。ビール酒造組合が2004年に発表した都道府県別成人1人あたりの販売(消費)数量の調査では、1位が東京、2位が高知、3位が大阪という結果になった。3位は「ワイン」。国税庁が2006年に発表した都道府県別1人当たりの消費量の調査によると、1位はワインの生産量でも日本一の山梨県だった。

 以下4位は「焼酎」、5位はアメリカやフランスなど海外での消費量が伸びている「日本酒」となっている。

 今回のランキングは、「デートの時に飲みたいお酒」をネット上のクチコミをもとに順位付けを行ったもの。ランキングはネット上でアンケートを行ったほか、「SHOOTI」内の検索ワード数、ブログでの評判を加味して作成されている。

引用:RBB TODAY

卓球ロボに自走式ミニシアター、海を渡ってきたロボットたち



 東京ビッグサイトで「2007国際ロボット展」が開催中だ。ロボットといえば、日本の“お家芸”というイメージが強いが、近年ではアジア圏を中心に幅広い地域でサービスロボットの実用化が進んでいる。今回は、“国際”ロボット展の醍醐味といえる海外製ロボットを紹介しよう。

続きを読む

金平会長が亀父のコーチ就任要請を静観



 IGFを率いるアントニオ猪木(64)が29日、成田空港で会見し、ボクシングの亀田兄弟の父史郎氏(42)をコーチに起用する計画を明かした。
 ボクシング界は静観を保った。亀田兄弟の練習再開を直前にして、猪木の仰天発言。史郎氏が安田のコーチ就任を要請されたことに、協栄ジムの金平桂一郎会長は「もうジムを辞めているので、言うことはないです。史郎さん本人の選択です」と話した。史郎氏は反則騒動で、日本ボクシングコミッション(JBC)から無期限のライセンス停止処分を受けている。JBCは「ノーコメント」とした。

引用:日刊スポーツ

宝塚ファン悲鳴!? 元カリスマ男役トップスターが、色っぽい姫君に大変身!



 2006年に宝塚を引退した元男役トップスターの和央ようかが、最新作『茶々 −天涯の貴妃(おんな)−』で、“淀君”こと“茶々”姫を熱演。「ベルサイユのばら2001」でフェルゼンを演じていた彼女の、戦国時代の姫役への大変身が、宝塚ファンの熱い注目を集めている。



 和央は、2000年から6年の間、宝塚歌劇団宙組のトップスターとして活躍したカリスマである。退団当日には、劇場周辺に何と約1万人ものファンが詰めかけ、その熱狂ぶりは、マスコミでも大きな話題を呼んだほどだった。そんな伝説的な男役の和央が、初の映画出演で演じるのは、戦国の世を生き抜いた豊臣秀吉の側室 “茶々”(後の淀君)。



 本作で、銀幕デビューを華々しく飾る和央が演じる“茶々”は、織田信長の血を受け継ぎ、秀吉に愛され、徳川家康に恐れられるという、女であることを武器に激動の戦国時代を生き抜いた女性だ。身長174センチの女優が、姫君を演じるのは異例だが、“茶々”の戦国時代でも自立した生き方は、ある女性誌の“わたしを生きている女性”にも選ばれたほど、己を強く持っている和央の人生とシンクロする。



 宝塚の歴代トップスターの中でも、伝説的な存在になっている彼女が、どんな“茶々”を演じるのか。12月の公開が待ち遠しい!



『茶々 −天涯の貴妃(おんな)−』は、12月22日より全国にて公開


引用:シネマトゥデイ

倖田來未 ブルーマンに「久しぶり〜」



 歌手・倖田來未(25)が29日、東京・港区のインボイス劇場で行われたパフォーマンスグループ「ブルーマン」(12月1日開幕)のプレミアプレビュー公演に訪れた。
 同公演は謎の青塗り男たちが繰り広げる音楽パフォーマンス。欧米でも人気が高く、日本ではこれが初上陸となる。倖田は7月の公演発表会見、8月の「サマーソニック07」で共演。そんな縁もあって、この日のプレミアに出席した。
 公演のイメージに合わせ、胸元がパックリと開いた鮮やかなブルーのドレスで登場。レッドカーペットで待ち受けるブルーマンを見つけるや「久しぶりー。相変わらずつるつるしてる」と駆け寄りハイタッチ。以前のステージでの共演が「めっちゃ楽しかった」とのことで「大人の人に見てもらって、子供心を思い出してほしい」とPRしていた。

引用:デイリースポーツ

おてんばマオマオにKO!井上真央、「あんみつ姫」で魅力全開



 女優の井上真央(20)が29日、東京・目黒雅叙園で行われた来年1月6日放送のフジテレビ系新春スペシャルドラマ「あんみつ姫」(後7・0)の制作発表に出席。あでやかな着物姿で笑顔を振りまき、報道陣をノックアウトした。

 おてんばキャラ、お調子者の小悪魔キャラがよく似合う井上は、この日も「このようにかわいらしい衣装を着れて、みなさんに姫、姫といわれ、とても気分良く撮影することができました」と、いきなり魅力全開。

 初挑戦となった殺陣や乗馬シーンには練習時間があまり取れず苦労したが、「格好良く映っていると思う」と話し、「全体的にキュートな作品になった」とご機嫌だ。

 撮影後には、老中役の泉谷しげる(59)におねだりしてディズニーランドへ連れて行ってもらったといい、公私ともに“おてんば姫”ぶりを発揮したよう。

 「あんみつ姫」は、好奇心旺盛で、いたずら大好きなおてんば姫の活躍を描く時代劇コメディー。昭和29年に初映画化、後に舞台化され、58年からは小泉今日子(41)主演で単発ドラマシリーズにもなった。

 井上は「キョンキョンのあんみつ姫を引き継ぎ、マオマオのあんみつ姫といわれるよう頑張りたい」と抱負。

 共演の京本政樹(48)も、“真央姫”の魅力に取り憑かれた1人のようで、「マオマオが本当にかわいくてね。ぜひシリーズ化を!」とスタッフに熱望していた。


引用:サンケイスポーツ

クリスティーナ・アギレラ、妊婦セミヌード姿を大胆披露!



 米人気シンガー・ソングライター、クリスティーナ・アギレラ(26)が12月11日発売の女性誌「marie claire」2008年1月号の表紙で妊娠セミヌード姿を大胆披露した。子供は男の子であることや結婚、将来について特集で語っている。こんなセクシーな妊婦、見たことない!?

引用:サンケイスポーツ

破局発覚の小柳ルミ子が心境を告白「もう結婚はしません」



 古希を迎えた俳優、左とん平(70)の芸能生活50周年を祝う会が29日、東京・品川プリンスホテルで行われた。

 会場にはタレントの加藤茶(64)、俳優の藤田まこと(74)、女優の森光子(87)、演歌歌手の川中美幸(51)や芸能プロ社長ら各方面から約500人が集まり、歌あり、笑いありのにぎやかなステージで祝福。とん平は「あっという間の50年。あとどれくらい寿命があるか分からないけど、最後までこの芸能界で頑張っていきたい」と元気に宣言した。

 パーティーには俳優、石橋正高(28)との破局が発覚した歌手、小柳ルミ子(55)も来場し、「もう結婚はしません。いまは自分が大事だし」と話していた。

引用:サンケイスポーツ

瑛太も笑顔にゾッコン!?宮崎あおい、男装姿は「楽しかった」



 30日に22歳の誕生日を迎える女優、宮崎あおいが主演する大河ドラマ「篤姫」(来年1月6日スタート、日曜後8・0)の第1回試写会が29日、東京都渋谷区の同局で行われた。

 宮尾登美子さん原作。幕末が舞台で、宮崎は薩摩藩から十三代将軍、徳川家定に嫁ぎ江戸城の無血開城に尽力した篤(あつ)姫を演じる。

 第1話では男装シーンから登場。自身の姿に「すごい楽しかった。見ている人にも、これが今回の大河の主役の人なのかってビックリしてもらえる」と胸を張った。

 一方、篤姫に想いを寄せる幼なじみの尚五郎役を演じる俳優、瑛太(24)は「あおいちゃんのニコッっていう笑顔を見ると僕自身が照れる。朝疲れて眠くても、あおいちゃんに『おはよう』って言われると、あーよかったって思う」とゾッコン!?の様子だった。

引用:サンケイスポーツ

ブリトニーとの性生活を赤裸々に暴露



米タブロイド誌「イン・タッチ・ウィークリー」が、ブリトニー・スピアーズが妊娠していると報じた。父親はプロデューサーのJR・ローテム。ブレイク中のシンガー、ショーン・キングストンの指導者でもある彼は、ザ・ゲームや50セントなど、数々のスターの作品を手掛けた経歴の持ち主だ。

同誌によれば、ブリトニーは今月14日、親しい友人たちにメールで妊娠4週間だと告白。16日には誇らしげに超音波写真を送ったという。

情報筋は同誌に対し、「ブリトニーはもう1人赤ちゃんを産むことによって、人生を建て直すことができると信じています―そして、JRが素晴らしい父親になれると信じているのです」と語った。

同誌からブリトニーの妊娠について訊ねられたJRは、「真実だよ」と答えたとのこと。彼は今年初旬、米「ブレンダー」誌に対し、ブリトニーとの性生活を赤裸々に暴露している。

引用:MTV News

お笑いの博多大吉が結婚



 お笑いコンビ、博多華丸・大吉の博多大吉(36)が結婚したことが29日、分かった。関係者によると、相手は宮崎県出身の一般女性(34)。今月中旬に婚姻届を提出。すでに都内のマンションで新婚生活をスタートさせている。大吉の出身地、福岡で知人の紹介で知り合い、交際12年目を迎えてのゴールインとなった。

引用:日刊スポーツ

<マクドナルド>4店舗でのラベル張り替え、ほぼ毎日



 東京都内の4店舗で商品の調理日時のラベル張り替えや賞味期限切れの原料使用が発覚した日本マクドナルドは29日、この4店舗で01年12月からほぼ毎日、サラダのラベル張り替えが行われていたとする調査結果を発表した。また、賞味期限切れの原料使用は04年10月から、トマトなど3種類で行われていたことも判明し、長期間にわたり恒常的に不正が行われていたことが明らかになった。 

 マクドナルドは27日の問題発覚後、フランチャイズとして早稲田、大塚駅前、新大塚、本郷3丁目の4店舗を運営するアスリート社(東京)の社員とアルバイト計74人を対象に聞き取り調査を実施。その結果、サラダ2品目とヨーグルトで、ほぼ毎日ラベルの張り替えが行われていたことが判明した。

 賞味期限切れの原料使用は、トマトのほか「マックシェイク」とソフトクリームで確認された。トマトは04年10月から年に3〜6回程度。マックシェイクやソフトクリームの原料は05年1月から月1〜4回の頻度で賞味期限切れの原料が使用されていた。

 また、マックシェイクを作る機器を週に1回分解して洗浄する際、残った原料を店によっては95年から、そのまま使っていたことも判明した。

 アスリート社の社員5人はいずれも不正を認識しており、アルバイトにラベルの張り替えを指示していたことも認めた。しかし、同社の社長からの指示については否定しているという。【平地修】


引用:毎日新聞

DNPとam3、DS向けダウンロードコンテンツ配信サービス「DSvision」を2008年3月より開始




DSvision」で必要となる著作権保護機能付きmicoroSD、DSカードアダプタ
 株式会社am3は、2008年3月よりニンテンドーDS向け出版・映像コンテンツのコンテンツ配信事業となる「DSvision」を開始する。それにあたり、大日本印刷株式会社がam3に筆頭株主として資本参加する。
 「DSvision」は、インターネット経由で、ニンテンドーDS及びニンテンドーDS Liteの端末に、コミック、書籍、情報誌などの出版物、およびアニメ、映画、ドラマなどの映像、音楽などのコンテンツをダウンロードできるサービス。専用のmicroSDと、microSDを格納してDSで読み込めるようにするDSカード型専用アダプタ、専用microSDをパソコンに接続するためのUSBリーダーライターが必要となる。開発には任天堂の協力も仰ぎ、ニンテンドーDSに正式対応している。

 am3はゲームボーイアドバンスをプラットフォームとした動画販売システム「アドバンスムービー」、「アドバンスガシャポン」を展開してきた経緯がある。「アドバンスムービー」は専用スマートメディアでのコンテンツ提供だったが、時代の流れとともに、ネットワークとmicroSDを連携させたサービスへと進化させた格好となる。

 なお、この専用アダプター、専用microSD(512MB)、USBリーダーライターのセットを、2008年1月より、3,980円でテスト販売する予定。このセットには、microSDにあらかじめコンテンツが格納された状態で販売されるという。


引用:Impress Watch

夕食の献立で妹と大ゲンカ…松田優作二男110番騒動



 故松田優作さん(享年39)と女優の松田美由紀さん(46)の二男で俳優の松田翔太さん(22)が、都内の自宅で夕食の献立を巡って妹(19)と口論のあげく暴力を振るい、パトカーと救急車が出動する騒動になっていたことが28日、わかった。翔太さんに頭をたたかれた妹は救急車で運ばれたがケガはなく、事件性もなかったため、被害届は出してないという。お騒がせな兄妹げんかの場には、なぜか女優の鈴木杏さん(20)も居合わせていた。

 荻窪署の調べによると、26日午後7時ごろ、東京都杉並区の松田家から110番通報があった。駆けつけた署員に翔太さんは「妹がふて腐れているので収拾してほしい」と話したという。妹はカナダ留学から帰国し、芸術関係を勉強中。翔太さんは舞台あいさつでも話題に出すほど妹のことをかわいがっていたが、「食い物の恨み」は別だったようだ。問題の松田家の夕食メニューについて、同署では「事件性もなく、詳しいことは聞いていない」としている。

 美由紀さんは、所属事務所に「うちの兄弟は本当に仲がいいんで、愛情表現でジャレあっちゃう。いつものことなんです」と説明し、所属事務所では「兄弟げんかの域をこえていない。妹さんもケガはしていない」と事態の早期収束を図っている。

 長男で俳優の龍平さん(24)は、この場に居合わせなかったが、なぜか杏さんが家族の“団らん”の中にいた。所属事務所によると、杏さんは妹と仲がよく家族ぐるみの付き合いをしているというが「交際の事実はない」と翔太さんとの熱愛は否定している。

引用:夕刊フジ

大ヒット「恋空」 原作者は正体不明なま



 ケータイ小説を映画化した「恋空」が、空前の大ヒットだ。公開3週目で観客動員は160万人を突破。総興行収入は40億円を超える勢いである。



 封切りは、ヒット映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」と同じ11月3日。公開1週目こそ「ALWAYS〜」の後塵を拝したものの、その後は2週連続で「恋空」がトップなのだ。



「原作は“ケータイ小説ブーム”の火付け役で、女子高生を中心に1200万人が読んだとされます。昨年10月に単行本化されると、たちまちベストセラーとなり、上下巻合わせて195万部も売れました」(出版関係者)



 ストーリーは平凡な女子高生が、ワルな少年と恋に落ち、波乱の人生を歩むという恋愛モノ。主人公にはレイプや自殺未遂、妊娠、別れ……と、数々の試練が襲いかかるが、すべて著者自身の実体験に基づいた物語だという。



 となると、ますます原作者の正体が知りたくなるが、原作者の美嘉は、作家経験ゼロのド素人で、完全にベールに包まれている。



 単行本の出版元「スターツ出版」は「プロフィルは口外できません」とにべもない。そこで彼女が公開中のブログを全部チェックし、推察したところ――。



 現在23歳。実家を離れ、現在は都内で犬とともに一人暮らし。ブログを見る限り、働いているふうには思えない。ミスチルの大ファンで、最近は入浴剤にハマっている。映画で主演した新垣結衣(19)と同じように胸の辺りまで髪を伸ばしているそうだが……。アナタの周りに最近、大金を手にしたこんなタイプの子はいませんか?


引用:ゲンダイネット

浄土宗元職員を逮捕=1億4700万円横領容疑−京都府警



 浄土宗(京都市東山区)元職員が教団の資金を流用していたとされる問題で、京都府警捜査二課は29日、1億4700万円を着服したとして、業務上横領容疑で、浄土宗宗務庁財務局の元課長補佐桑生義文容疑者(52)=同府城陽市富野堀口=を逮捕した。「(資金を)使い込んだことは間違いない」と供述しているという。



 同容疑者は昨年9月、約9年間にわたり教団の共済積立金など約7億円を流用したとして、同容疑で告訴されていた。



 また、桑生容疑者から2000万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で商品先物会社の元社員が逮捕、起訴されており、同課は桑生容疑者が、流用した資金のほとんどを商品先物取引につぎ込んでいたとみて、全容解明を進める。



 調べでは、桑生容疑者は2003年1月から04年9月までの間、29回にわたり、浄土宗の普通預金から現金1億4700万円を引き出し、着服した疑い。 



引用:時事通信社
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。